上限金利と下限金利

消費者金融の条件などを比較していると、目につくのがそれぞれの消費者金融の貸付の金利の幅です。
上限金利と下限金利に幅を持たせているのが普通ですが、条件比較の上でどちらかというと先に検討してしまうのが下限金利が安い消費者金融です。

しかし、考えてみれば上限金利と下限金利の幅を持たせているうちで下限金利が適用される場合にはかなり大きな金額の借り入れをして、借り入れをする自分自身の返済能力が高いという条件の時に限られれているのは少し考えればわかることでしょう。
そうなれば、あまり多くない借り入れで返済能力が高くない自分の借り入れのような場合には下限金利というよりも上限金利の方がずっと適用の可能性が高いということになります。なので本当に比較すべきなのは下限金利よりも上限金利ということになります。

上限金利に近い金利が実際に適用される可能性が高いということは、自分にとって重要なのは上限金利が低い消費者金融なのでしょう。比較サイトで条件を見比べる際、この点に注意してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>