フリーローンなら借り過ぎが防げる

お金の借り過ぎを防ぐにあたって、キャッシングの手段の中でもフリーローンは本当に嬉しい存在です。

クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融だとついつい限度額いっぱいまでお金を借り過ぎてしまうという人であっても、フリーローンであれば契約すれば後は返済をするだけに集中することが出来るので安心です。

消費者金融のキャッシングやカードローンを使っている場合だと、借りたり返したりがいつでも自由に楽しめる利便性の高さに甘えてしまう余り、気が付くとお金を借り過ぎてしまったなんてことはありがちです。

しかし、フリーローンならば決まった額だけを借り入れられるので無計画な借金を避けられますし、カードローンと比べても金利を安く抑えられるので、返済のリスクが不安な人であっても安心です。

フリーローンはその名の通り、使い道が自由で好きな風にお金を活用できる点が魅力的です。車を買ったり教育ローンのためだけでなく、生活費や娯楽のためのお金など柔軟に借りたお金を使えます。

上限金利と下限金利

消費者金融の条件などを比較していると、目につくのがそれぞれの消費者金融の貸付の金利の幅です。
上限金利と下限金利に幅を持たせているのが普通ですが、条件比較の上でどちらかというと先に検討してしまうのが下限金利が安い消費者金融です。

しかし、考えてみれば上限金利と下限金利の幅を持たせているうちで下限金利が適用される場合にはかなり大きな金額の借り入れをして、借り入れをする自分自身の返済能力が高いという条件の時に限られれているのは少し考えればわかることでしょう。
そうなれば、あまり多くない借り入れで返済能力が高くない自分の借り入れのような場合には下限金利というよりも上限金利の方がずっと適用の可能性が高いということになります。なので本当に比較すべきなのは下限金利よりも上限金利ということになります。

上限金利に近い金利が実際に適用される可能性が高いということは、自分にとって重要なのは上限金利が低い消費者金融なのでしょう。比較サイトで条件を見比べる際、この点に注意してみてください。

消費者金融でお金を借りた後の生活スタイル

お金に困ったときに助けになるのは消費者金融ですが、お金を借りるということは所得があれば簡単にできることかもしれませんが、慎重に進めることが大切です。お金を借りることでそれを返す大きな責任が生じますし、この責任を認識していると、早く返したいという気持ちになります。

いつまでにいくら返すのか、毎月どのくらい返すことができるかという点で無理のない計画が必要であり、それに付き従う決意を持ちたいものです。借金をしている立場になるわけですから、不必要と思えるものや、自分の趣味にお金をかけるということを控えたり、節約すること、食費なども削るような覚悟を持ちたいものです。

お金を借りたものの、職を失ってしまったりする場合もないとは言い切れませんし、お金を借りている状態で病気や事故に巻き込まれるといったさらなる悲劇が望む可能性もないわけではありませんので、返せるという手応えがあったとしてもすべての返済が終わるまでは気を抜かないようにします。

カードローンとフリーローンの違い

フリーローンとは最近時々耳にするようになった言葉ですが、自由なローンつまり、住宅ローンなどとは異なり資金使途が自由なローンの事を意味します。しかしそれならカードローンなども同じ筈なのに言葉を分ける理由は何なのか少し調べてみました。

 その結果カードローンとフリーローンの一番の違いはカードローンの場合は限度額内なら何度でもお金を借りることが出来る点です。フリーローンの場合は返済を続けても借金が減った分、利用枠に空きが出来てさらにお金を借りるということは出来ないのです。

 一見借金を一部返済して限度額の上限に空きが出来れば何度でもお金を借りることが出来るカードローンの方が便利に思えますが、借金というのは出来るだけしない方がいいし早く返してしまった方が身の為なのです。したがってその観点から言えば、お金を借りる場合はフリーローンの方がオススメだと言えるかもしれません。

 そうしたら1度お金を借りた後は只管毎月返済し、借金の完全返済を目指すことが出来るのです。カードローンだと気軽にお金が借りれてしまえるので、なかなか返済が終わらないなんて羽目になりかねません。

そもそもフリーローンってなに?

フリーローンという言葉を最近よく耳にします。
そもそもフリーローンとはなんなのでしょうか?
ネットでフリーローンというワードを打ち込むと『主に銀行が取り扱っている目的を問わないローン』という風に出てきます。

これだけでは今一よくわかりませんね。
要は車を買うとか住宅を買うとか明確な目的がなくても簡単に銀行からお金を借りることが出来るということです。

フリーローンは他のカードローンやキャッシングに比べると金利の低さが注目されます。
無担保でローンが組める銀行も多くありますが、それでも他と比べると安く10%未満というところがほとんどです。
返済計画をしっかり立てれる人は金利面でかなりのメリットがあるのではないでしょうか。

ただ注意しなければいけないのは一度お金を借りてしまうと追加で融資をうけることは出来ません。当然ギャンブルなどでお金を費やし何度もお金が必要…といった方には不向きなシステムでしょう。

あくまでしっかりとした使い道があり、返済計画を立てれる人にとってメリットの大きいキャッシングシステムです。

消費者金融と悪徳業者に注意する

一般の消費者金融でお金が借りられないと、精神的にも追い込まれていきます。わらをも掴むような気持ちになり、貸してくれるのであればどこでもかまわないといった感情が支配してしまうかもしれません。確かに消費者金融でもお金が借りられないというのは本当につらいことです。

そうした気持ちに付け込むのが悪徳業者といわれているものであり、闇金とも呼ばれています。ですが、多くのそうした業者は無登録で営業していることが多いですし、違法な商売をしていますので、そうしたところに引っかかってしまうと後で大変なことになります。一時の厳しい状況で絶望して、闇金に頼るのではなく、他に方法がないかどうか冷静に考えることが大切になります。

なかには消費者金融に成りすましているような闇の業者もいますので十分に注意します。インターネットでも申し込みが完結しないとか、電話をしても男性ばかりで女性スタッフがいないなど怪しいと思えるものを冷静に見極めるのです。